身体を整える太極拳

太極拳の「太極」太極拳って知っています??

皆さんは太極拳ってご存知でしょうか?中国や台湾だと朝に公園で集まってやっている運動法です。

私(松元)は太極拳とちょっと縁がありまして、自分でも太極拳の教室をやっていたりします。

治療院の名前の『太極堂』も太極拳の「太極」が由来になっているんです。

この「太極」というのは東洋思想が基になるのですが、簡単に言ってしまえば、「物事のバランス・調和」ということを表しています。

そして、太極拳は「調和・バランス」を動きで表現した運動なので、体と心のバランスを整えるのにとっても良いです。

硬くなった筋肉や関節を緩めるので、肩こりや腰痛などだけでなく、関節の養生法としても役立ちます。

なぜ関節や筋肉に良いかというと太極拳の独特の動きが関係して、あのゆっくりとした動きが無理な負荷をかけることなく「じんわり」と筋肉や関節に力を効かすことが出来るからなんです。

太極拳のゆっくりとした動きが筋肉の血流量を増やすだけでなく、筋肉の滑らかな動きを促進させて、関節の周りの靭帯などの軟部組織への栄養の供給を行うために関節もはじめ体全身の気血の流れをスムーズにしてくるからなんです。 

太極拳と自律神経

太極拳の動きは筋肉や関節に働きかけるだけでなく、心身のバランスに重要な働きをしている自律神経にも影響があります。

自律神経は「交感神経」と「副交感神経」という神経がそれぞれバランスをとり連動することで、身体の各部への血流量を調節したり血圧を調整したり、内臓に働きかけることで呼吸量をコントロールしたり、休んでいる時には腸管の動きを活発にしたり、逆激しく動く時は腸管の働きを弱めたりしています。

太極拳にはこの自律神経の働きを整える作用があります。ありがたいことに身体が「交感神経系」が優位に傾きすぎたらそれを抑えて「副交感神経」を優位にしたり、逆に「副交感神経」が優位になり過ぎている時は自動的に「交感神経」を強める作用をしてくれます。

自律神経は体内の調整を行うだけでなく免疫とも関係が深いんです。

体内には免疫を司る白血球があります、白血球はさらに顆粒球やリンパ球、単球などに分類されるのですが、それぞれの細胞膜にあるレセプターを介して自律神経の働きを伝える作用があります。

自律神経系と免疫系一見関係が薄そうなシステムもしっかりと連環して作用しているのですね。

ですから、太極拳をやっていると自然と免疫力も向上していくんですよ。体調を整えていきたいというかた是非太極拳を始めてみて下さい!

03-5942-9500
ご予約・お問い合わせはこちら
PAGE TOP