足首の捻挫でお困りの方へ

 足首をひねってしまって、つらい思いをしていませんか?

  • 段差で足首をくじいて歩けない
  • 足首が腫れて歩くと痛い
  • 腫れが酷くて立っているだけでも痛む
  • 病院に行ってレントゲンを撮ったら異常はないと診断され湿布をもらったけど、いつまでたっても治る気配がない。
  • 正座をすると足首が抜けそうな感じがして痛い

足首をひねって上記にあてはる方は、早めにご来院ください。

 もしかして捻挫なんて、たいしたことないと思っていませんか 

太極堂の「膝の痛み」のページをご覧いただきありがとうございます。

院長の松元です。

あなたは「ちょっとひねっただけだから、たいしたことはない」と思っていませんか?

足首の捻挫もほっとくといつまでも痛みが治らなかったり、癖になってひねりやすくなったりとその後に支障が出ることがあります。

ちょっとひねっただけでも、足首にある靭帯は損傷して傷がついてしまいます。

靭帯は関節を安定さるためにあるのですが、靭帯に傷がついてしまうと安定性が悪くなります。

そうすると、腫れが引いて「治ったかな」と思った後でも、走る時に関節に痛みが残っている、運動をしていて痛みが出るということがあります。痛みがなくても動くと「何だか安定が悪い」「不安な感じがする」という症状が出てしまうことがあります。

もし、あなたが足首を捻ってしまって、足首の周りが青くなり腫れしまっているなら、靭帯の一部が切れてしまっている可能性があり、そうすると足首の安定はさらに悪い状態となってしまっています。

稀にですが、靭帯と一緒に骨がはがれて剥離骨折という状態になっていることがあるので注意が必要です。

たがが捻挫と思われがちですが、捻った強さによって靭帯を痛め、後々に不具合が出てしまうということがあるので注意が必要です。

太極堂で良く受ける足首の痛みの相談

捻挫をされた患者さんからよく相談されることがあります。

それは、「正座をすると足首が抜けそうな感じがして不安」とか「足首を伸ばすと抜けそうな感じがする」というものです。

これは、靭帯の固定力が弱くなっていること起きる症状です。

正座をすると、足首の中にある骨がせり出すような動きをするのですが、靭帯を痛めて、その骨を固定する力がよわくなると、骨が正常な位置よりも少し前の方にせり出すように動くので「抜けそう」という感じがしてしまいます。

次に多い相談が、足首が治った後で「動く時に膝が痛い」とか「股関節の横側が痛くなった」「何だかお尻の筋肉が辛くなっている」というものです。

これは、足首に痛みがある間はどうしても足をかばうように歩いてしまいます。

また、足首の関節が不安定になった状態で動くため膝や股関節の筋肉に負担を掛けてしまうため、それぞれの場所に痛みとして現れる訳です。

あとになってからそのような症状で悩まなくて済むように、捻挫だからと侮らず、しっかり治療を受け、リハビリまで行うことが結局あなたのその後の健康やコンディションを整えることにつながってくるのです。

 太極堂の施術方針「しっかり治して、痛みが再発しないようにしよう」 

カウンセリングと多様な施術

・あなたの捻挫が今どんなの状態なのか。
・足首に負担をかけている原因は何か。

などを調べで治療プランをご提案したうえで施術をしていきます。

太極堂の捻挫の施術方針は「後になってから痛みで悩まないようにしっかり治す」ということです。

足首を捻挫してしまったということは、姿勢や身体のバランスが崩れていたということです。

姿勢やバランスを整えることで、足にかかる負担を減らしていく方法を提案させて頂いています。

捻挫への施術

太極堂の捻挫への施術は、捻挫の程度によってやり方が変わってきます。

捻挫は程度によって1度~3度まであるのですが、それぞれの状態に合わせた施術となります。

腫れが出ている状態や腫れが残っている状態の時は、鍼療法や電気療法で腫れを引かせる施術が中心となります。鍼が苦手な方は、整体でも同様の施術を行います。

「炎症期は触らない方いいのでは・・・」とおっしゃる方がいますが、炎症を起こしている場所を直接触るのでなく周辺の組織にアプローチすることで結果的に炎症をやわらげていくという方法を行います。

1度
捻ることで靭帯が伸ばされた状態です。
炎症を抑え、テーピングで固定をします。

2度
靭帯が部分的に切れてしまった状態です。
炎症を抑え、関節のバランス調整や矯正・テーピングや包帯による固定を行います。

3度
靭帯が断裂してしまった状態です。
炎症を抑え、装具による固定を行います。状態によっては整形外科を紹介することがあります。

リハビリ

痛みが落ち着いてきたら、関節が安定し違和感や不快感が出ないようにリハビリを行っています。

患者さまの声

当院で整体や鍼療法の効果は、実際に施術を受けた方の声でお確かめください。

これ以上は手術するしかないと言われた足が・・・

940_ccf20160318-mm-1 MM様

お名前 : K.M様     
ご年齢 : 75歳    
ご職業 : 主婦 
 

<これまでの経緯>
過去10年間に右足のみ2度の骨折に続き靭帯が伸びてしまう程の捻挫を経験し、特に捻挫の後はそれ迄のダメージと重なり、何かと痛みが出て不自由な生活をしておりました。

これ以上は(完治するのは)手術しかないとの事でしたので、念の為受診した他院の先生からはレントゲンを見て

「きちんと治っています。この足は何か不満ですか」

と云われました。

とはいえ相変わらず痛いものは痛く、この先もっと高齢になったら・・・と不安は更に募りました。

< 当院での感想>

丁寧に施術して頂いた初回に今迄と異なり”もしかしたら治るかも知れない”と何か感じるものがありました。

予感通り回を重ねるに従いその都度、確実に少しずつ痛みが和らぎ、足の運びもスムーズになりまして、お陰様で近頃は足の事を忘れる位になりつつあります。

また、毎回正しい体型になる為のポジションの取り方など体全体の根幹にかかるご指導チェックあがり、楽しながら励んでおります。

西洋医学ではかなわなかったことが東洋医学でというよりは先生の”施術力のたしかさ”により快方に向かっていることに感謝しつつ今しばらく通院は続くことでしょう。

整形外科などいくつか回りましたが、なかなか良くなりませんでした。

568_ccf20150612-kasugassama  春日様

お名前 : K.K様
ご年齢 : 31才   
ご住所 : 大和町
ご職業  :会社員 

右足首、右膝が痛く、整形外科などいくつか回りましたが、なかなか良くなりませんでした。

当院に来て、症状などとても丁寧に聞いて頂き、鍼を打って貰ったところ、直ぐに効果が現れました。

また、普段の姿勢や身体の使い方など根本的なことも教えて頂けたので、今後に活かしていきたいと思います。

 近所の整形外科で見てもらっていたが、足のハレや痛みが続いていた 

583_-bk_ccf20150612-600x BK様

お名前 : T.K様
ご年齢 : 56才    
ご住所 : 杉並区高円寺北
ご職業 : 会社員 

【最初どのような症状がありましたか?】
転んでねんざし、歩けなかった。

近所の整形外科で見てもらっていたが、足のハレや痛みが続いていた。

【当院に通院してどのように症状が変化しましたか?】
痛みが軽くなり歩きやすくなった。

【当院の手技整体・針灸を受けてみてここは良かったという点を教えてください】
生活指導やリハビリ指導、歩き方の指導があった事

【当院の施術をどんな方に勧めたいですか?】
慢性的なコリや痛みのある人


上記の紹介させて頂いた声は患者さんのほんの一例です。

料金

◇Taichi鍼
  8.000円+(税)
◇整体
  7.000円+(税)

(治療プランの一例)

(1回目1)鍼療法&テーピング → (2回目)鍼療法&テーピング → (3回目)電気療法&テーピング → (4回目)整体療法&テーピング →(5回目)電気療法&テーピング

足首の捻挫は、痛めた程度(重症度)により期間が変わってきます。

重症度が高く期間が掛かる場合、毎回鍼療法や整体療法を行うのでなく、電気療法と併用して施術を行っていきます。

安全性

ohto-3-vert

太極堂で使用する鍼は全て使い捨てのタイプです。

 鍼療法で使用するシャーレなどの器具は、オートクレーブで完全滅菌しております。

また、滅菌したものは紫外線庫で管理しております。

(※ 一部特殊な鍼を使用する場合は、オートクレーブで完全滅菌して使用しております)


太極堂の整体と鍼療法はあなたのつらい症状や痛みを解消し、イキイキと仕事や家事に専念できることをお約束します。

03-5942-9500
ご予約・お問い合わせはこちら
PAGE TOP