クローン病

 クローン病のこのような症状で困っていませんか?

  • 腹痛がつづいて仕事に集中できない
  • 下痢がつづく

一つでも当てはまるものがあれば太極堂があなたの力になれます。

クローン病とは

消化管壁の炎症であり、口腔から肛門までに非連続性の炎症性疾患です。

潰瘍性大腸炎と同様に炎症性腸疾患に分類されていて、若年成人に好発し、10~30歳に多く、また2:1で男性に多いといわれ、増加傾向にある疾患です。

潰瘍性大腸炎よりは患者数は少なく、中高年からの発症はほとんどないと言われています。

病変は、小腸、回盲部(小腸から大腸への移行部)、肛門周囲によく見られ、病変の部位により

・小腸のみにみられる「小腸型」
・大腸のみみられる「大腸型」
・どちらにもみられる「小腸・大腸型」

などに分けられます。

クローン病の原因

原因不明と言われ、クローン病を発症する正確な仕組みは解明されていません。

関連する遺伝子異常が報告されているなど、遺伝的要因なども考えられ、また、潰瘍性大腸炎と同様に免疫機能の異常もあると考えられています。

さらに若年層での発症が多い、欧米先進国での患者数の多さなどから動物性タンパク質や脂質の摂取など食生活の欧米化の影響があり、食生活も要因の一つと考えられています。

クローン病の症状

自覚症状としては、腹痛、下痢が多く、その他、体重減少、発熱、肛門病変、血便が見られます。

血便は潰瘍性大腸炎ほど著明ではないです。

また、貧血、低タンパク血症などの低栄養症状が見られます。

進行性で、炎症が激しい場合、消化管の「穿孔」(消化管に穴が空くこと)が有ったり、経過が長くなると腸管の狭窄により腸閉塞(イレウス)などが生じることがあります。

合併症として、消化管外病変がみられ
・口腔内アフタ
・ブドウ膜炎
・結節性紅斑
・強直性脊椎炎
などの合併症がみられます。

太極堂の施術方針

薬との併用

整体療法や鍼療法では、クローン病で生じる症状のコントロールおよび緩和が主な目的となります。

特徴としては、薬との併用が可能で、薬物治療を受けられている方で、症状の改善が芳しくない方などにお勧めです。

腹部や腰部に症状に対応し反応を示す”ツボ”があります。

それらに施術することで自律神経の働きを整えることで症状緩和を目標とします。

料金

◇Taichi鍼
  8.000円+(税)

(治療プランの一例)

鍼療法が苦手と言う方は整体療法でも膝の痛みに対して対応できますので、ご相談ください。

お仕事が忙しい場合なども、時間や日程などの都合もお伝えいただければ状態を診てこちらからあなたに一番よい施術方法と日程をご提案させて頂きます。

安全性

ohto-3-vert

太極堂で使用する鍼は全て使い捨てのタイプです。

 鍼療法で使用するシャーレなどの器具は、オートクレーブで完全滅菌しております。

また、滅菌したものは紫外線庫で管理しております。

(※ 一部特殊な鍼を使用する場合は、オートクレーブで完全滅菌して使用しております)


太極堂の整体と鍼療法はあなたのつらい症状や痛みを解消し、イキイキと仕事や家事に専念できることをお約束します。

03-5942-9500
ご予約・お問い合わせはこちら
PAGE TOP