眼精疲労

 眼精疲労で困っていませんか?

  • 目のかすみが酷くて仕事に集中できない
  • まだ仕事が残っているのに目の奥が痛む
  • パソコンでエクセルなどの表計算ソフトの入力が辛くなってきた
  • パソコンの細かい字を見ると目がショボショボしてくる

眼精疲労とは

眼精疲労とは、視作業(眼を使う仕事)を続けることにより、眼痛・眼のかすみ・まぶしさ・充血などの目の症状や、頭痛・肩こり・吐き気などの全身症状が出現し、休息や睡眠をとっても十分に回復しえない状態をいいます。

眼精疲労の原因

テレビやゲーム機、パソコンなどでの目の酷使や筋肉の過緊張、不適切な眼鏡やコンタクトレンズの使用、姿勢不良や運動不足による?血流障害、ストレスなど様々です。

これらが複雑に絡み合い、症状の進行をきたします。

また、かぜやインフルエンザ、更年期障害、自律神経失調症、虫歯や歯周病、耳や鼻の病気などで眼精疲労になることが多く、その他の病気でも眼精疲労が起こり得ます。

眼精疲労の症状

一般的な症状
目の奥が痛む、目がかすむ、物が二重に見える、目が充血する、まぶしい、涙が出るなどの目の疲れのほか、頭痛や頭重、肩こり、めまい、吐き気、胃の不調などを伴うケースも多くみられます。

中医学的分類と特徴的な症状

・肝血の不足タイプ
東洋医学では、「目」と「肝」には機能的な分類として同じカテゴリーに属するものと考えて、「目」と「肝臓」にはつながりがあると捉えて対処します。

「肝」を潤している“血(滋養)”が足りなくなると、「肝」と関連の深い「目」にも十分にエネルギーが行かずに疲労してしまいます。

「肝」と「血」の不足により生じた眼精疲労のタイプです。

耳鳴り、めまい、かお色さえない、手足の震え、ピクピクする、つめがもろい、くちびると舌の色が薄く白っぽい、などの特徴がみられます。

・気?血両虚
東洋医学では、「気」「血」の流れを重視します。

これは、「気」「血」の流れによって、人間の体に栄養を行き渡らせていると考えているからです。

その「気」と「血」が不足してしまった状態で、特に眼精疲労として症状がでてしまったタイプです。

ちょっと動いただけで汗がでる、疲れやすい、倦怠感、めまい、髪が抜けやすい、息切れ、腰がだるい、食欲減退などの症状もみられたりします。

太極堂の眼精疲労の施術

眼精疲労は目の症状ですが、目の疲れを直接とるというよりも、体の状態を整える施術が中心となります。

眼精疲労を訴える方は、肩や首の筋肉が硬くなり、人によっては肩甲骨と肩甲骨の間あたりまで、固まってしまう方もいらっしゃいますが、首や肩が硬いままだと、眼精疲労の症状が出やすいので、首や肩の緊張がほぐれるように施術を行っていきます。

また、眼精疲労になりやすい方は、姿勢が悪くPCで仕事をする際にも、首を前に突き出すような姿勢になってしまうことが多いです。

そのため、姿勢から変えていくことが重要になります。

太極堂では、姿勢矯正とあわせて施術を行い、姿勢を良くしていくための体操も一緒に指導させて頂いています。

料金

◇Taichi鍼
  8.000円+(税)

(治療プランの一例)

鍼療法が苦手と言う方は整体療法でも膝の痛みに対して対応できますので、ご相談ください。

お仕事が忙しい場合なども、時間や日程などの都合もお伝えいただければ状態を診てこちらからあなたに一番よい施術方法と日程をご提案させて頂きます。

安全性

ohto-3-vert

太極堂で使用する鍼は全て使い捨てのタイプです。

 鍼療法で使用するシャーレなどの器具は、オートクレーブで完全滅菌しております。

また、滅菌したものは紫外線庫で管理しております。

(※ 一部特殊な鍼を使用する場合は、オートクレーブで完全滅菌して使用しております)


太極堂の整体と鍼療法はあなたのつらい症状や痛みを解消し、イキイキと仕事や家事に専念できることをお約束します。

03-5942-9500
ご予約・お問い合わせはこちら
PAGE TOP